読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快適読書生活  

「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね」――なので日記代わりの本の記録を書いてみることにしました

「ともだちがいない!」 『MONKEY vol. 11』(柴田元幸ほか)

盛りあがってますね。小沢健二くんの『流動体について』。 流動体について アーティスト: 小沢健二 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2017/02/22 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る 私ももちろんMステ見ました。去年のツア…

神は雑多に宿る――『村上春樹 雑文集』

アマゾンで『騎士団長殺し』を検索したら、いま超話題の『夫の……が入らない』が出てきておどろいた。いや、『騎士団長殺し』を買っている人は、その商品も「ご覧になっている」そうです。 で、ひさしぶりに『雑文集』を読み返してみた。 村上春樹 雑文集 (新…

圧倒的な孤独を描いた短編集 『レキシントンの幽霊』(村上春樹)

さっきロンハー見てたら、ジャルジャルの福徳の部屋にブタの貯金箱が置いてあって、前回の『コドモノセカイ』のエドガル・ケレットの作品を思い出してしまった。 いや、それはともかく、村上春樹の新作『騎士団長殺し』って、最初は冗談かと思った。虚構新聞…

ノルウェイの不思議で豊饒な文学の森ーー『Novel 11, Book 18』  ダーグ・ソールスター 村上春樹訳

でもなんだかんだ言いつつ、チェックするわけです。村上春樹印のものは。 NOVEL 11, BOOK 18 - ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン 作者: ダーグ・ソールスター,村上 春樹 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/04/09 メディア: 単行本 この…

本の波にひきずりこまれていくー 『読んで、訳して、語り合う。 都甲幸治対談集』など

さて、前から(勝手に)考えている『多崎つくる』問題ですが、都甲幸治さんの対談集『読んで、訳して、語り合う』では、フランス文学者であり、村上春樹の研究本も出している芳川泰久(以下、すべて敬称略)との対談で、シロとクロという女はもとから存在せ…

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう――『大いなる眠り』 レイモンド・チャンドラー

村上春樹は、以前イスラエルのスピーチで、壁と卵という例をあげていたと思うが、やはり壁である組織に楯突くと、どうしても個人は卵にならざるを得ないのだろうか? たとえ世界的大作家でも、大人気アイドルでも。(ちょっと時事ネタですね) やはり組織は…

変わるもの、変わらないもの―― 『ラオスにいったい何があるというんですか?』 村上春樹

さて、すっかり正月気分も消し飛んだ今日この頃ですが、年末年始は実家ですることもないので、iPhoneで『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読んでいました。 ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 作者: 村上春樹 出版社/メーカー:…

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』(『グレート・ギャッツビー』)を読みくらべてみた

先日、カフカの『変身』が、訳によってがらりと雰囲気が変わると書いたけれど、村上春樹訳で読んだ『グレート・ギャツビー』を小川高義訳で読んでみたら、また印象が変わっておどろいた。(ちなみに小川高義訳の光文社古典新訳の方は『グレート・ギャッツビ…

雷の音に耳をすまして 『赤い山から銀貨が出てくる』 小沢健二 (『MONKEY vol.6』より)

前回書いたあと、たまたまテレビをつけたら、松尾スズキと田口トモロヲが対談していた。 松尾さんも、カート・ヴォネガットから大きな影響を受けたと常々語っている。ペンネームを魚の名前にしたところも、キルゴア・トラウトからきているのかもしれない。 …

勝手に犯人推理 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹

下記からは、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の内容にふみこんでいるので、“ネタバレ” が嫌なひとはお気をつけください。 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/04/12 メディア: …

『女のいない男たち』 村上春樹 (おまけの感想)

前回の追加というか、『女のいない男たち』を読んで思った、よしなしごとをメモしておきます。まず、この本には村上作品には珍しくまえがきがあり、 長編小説にせよ短編小説集にせよ、自分の作品にまえがきやあとがきをつけるのがあまり好きではなく(偉そう…

男と女は永遠の回り道? 『女のいない男たち』 村上春樹

女のいない男たちになるのはとても簡単なことだ。一人の女性を深く愛し、それから彼女がどこかに去ってしまえばいいのだ。 女のいない男たち 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/04/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (104件) …

はじめてキティに興味をもちました 『CREA 9月号 本とおでかけ』 

CREA最新号(9月号)、読書特集を読みました。 CREA 2015年9月号 本とおでかけ。 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/08/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (4件) を見る 一番の目玉、村上春樹の熊本滞在記ですが、熊本がこんなに文化的な町だと…

村上春樹『恋しくて』

恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/09/07 メディア: ハードカバー この商品を含むブログ (39件) を見る 「ニューヨーカー」に掲載された作品などの中から、村上春樹がセレクトして自分で訳し…