快適読書生活  

「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね」――なので日記代わりの本の記録を書いてみることにしました

2020-12-01から1ヶ月間の記事一覧

2020年心に残った本(『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』『ワイルドサイドをほっつき歩け』『ディスタンクシオン』)

先日、翻訳ミステリー読書会のスピンオフとして雑談会を開き、「今年心に残った本」について語り合いました。いつものように思いつきでテーマを発表してから、なんやろ~と考えてみたのですが、案外迷うことなくすんなりと下の3冊に決まりました。 1:バリ…

移民の娘、そしてエリート女子として、「わたし」のこじれたアイデンティティ――ウェイク・ワン『ケミストリー』(小竹由美子訳)

ウェイク・ワン『ケミストリー』(小竹由美子訳)を読みました。 ケミストリー (新潮クレスト・ブックス) 作者:ワン,ウェイク 発売日: 2019/09/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) 中国系アメリカ人として生まれた「わたし」は、両親の期待を背負って博士…