快適読書生活  

「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね」――なので日記代わりの本の記録を書いてみることにしました

柴田元幸

本当の翻訳の話をしよう(村上春樹・柴田元幸)――『MONKEY vol. 12 翻訳は嫌い?』

"You in love with him?""I thought I was in love with you.""It was a cry in the night," I said. 村上訳「彼に恋しているのか?」「私はあなたに恋していたつもりだったんだけど」「そいつは夜の求めの声だったのさ」と私は言った。 柴田訳「あいつに恋…

「ともだちがいない!」 『MONKEY vol. 11』(柴田元幸ほか)

盛りあがってますね。小沢健二くんの『流動体について』。 流動体について アーティスト: 小沢健二 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2017/02/22 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る 私ももちろんMステ見ました。去年のツア…

困ったおじさん大集合 『僕の名はアラム』(ウィリアム・サローヤン 柴田元幸訳)

「困ったおじさんね」というのは、たしか寅さんの妹さくら一家の口癖だったような……なんでこんなことを思い出したのかというと、このウィリアム・サローヤンの『僕の名はアラム』には、「史上ほぼ最低の農場主である」メリクおじさん(『ザクロの木』)や、…

いまさらレポート 2016年5月22日スティーヴン・ミルハウザー&柴田元幸朗読会@東京大学

そういえば、柴田元幸さんというと、いまさらですが、5月22日の朗読会についてもメモしておこう。 翻訳百景のイベントで東京に行った際、次の日に東京大学でスティーヴン・ミルハウザーと柴田さんの朗読会があったので行ってきました。 東大に入るのはまった…

文学から遠く離れようとしてもーー 『パルプ』 チャールズ・ブコウスキー 柴田元幸訳

「さて、このいわゆるセリーヌとかいう奴について、お聞かせいただきましょう。本屋がどうとか、おっしゃってましたよね」「ええ、レッドの店に入りびたって、立ち読みしたり……フォークナーとかカーソン・マッカラーズとかのことを問い合わせたりしてるのよ…

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展ーー『おぞましい二人』 柴田元幸訳

まずぜんぜん関係ない話なのですが、 いまほぼ日で、イトイヤノという、糸井重里&矢野顕子コンビで作った曲の特集をしていて、「ほんと、このコンビの曲って名曲ぞろいやな~」と、あらためてしみじみ思って、ひさしぶりに「Super Folk Song」を聞こうと思…

「もう遅いねや」 ーー 『テス』 『萎えた腕』 トマス・ハーディ

前回のハイスミス『見知らぬ乗客』のところで、「ミソジニー」という表現を使ったので、念のため、「ミソジニー」という言葉をGoogle検索してみると、『バクマン。』が取りざたされていておどろいた。 映画はおもしろく見たけれど、原作はかなり偏っているの…

雷の音に耳をすまして 『赤い山から銀貨が出てくる』 小沢健二 (『MONKEY vol.6』より)

前回書いたあと、たまたまテレビをつけたら、松尾スズキと田口トモロヲが対談していた。 松尾さんも、カート・ヴォネガットから大きな影響を受けたと常々語っている。ペンネームを魚の名前にしたところも、キルゴア・トラウトからきているのかもしれない。 …